稲垣みさよのブログ

稲垣みさよの日々の活動報告です

6月議会報告

   一般個人質問をしました。特別支援学級の先生不足の学校を市費で賄う支援を訴えました。f:id:misayoinagaki:20170709094523j:plain

補正予算案に以下の3点で共産党代表として反対討論をしました。賛成多数で可決となりましたが、今後の小牧市法人税の一部国税化で歳入は大きく減り、公共建築物の老朽化による修繕経費が増えます。また、少子高齢化で、市税歳入は減り、歳出は増えていきます。ラピオの子ども未来館構想は今から作成しますが、新図書館は駅前A街区での建設設計料など約4600万円が可決されました。建設されれば、今後長い間、市民の税負担は大きくなります。国保料が高くなり、生活不安が高まる中、新たなハコモノ建設や60年~80年の維持費負担は市民の納得が得られるものではないです。教育費・医療費・福祉費がカットされる原因として、市税の減少が言われるでしょうか、無駄を省けば、生活不安は軽減されます。今年3月に発表された「小牧市公共建築物の長寿命化計画や適正配置計画」にも逆行した、長期計画にはなかったラピオ未来館計画や新図書館A街区建設計画は誰のためのためのものでしょうか?味岡地区や桃花台地区や北里地区の方はわざわざ、小牧駅前まで図書を借りに行かなくても知己の図書館から本を取り寄せてもらえるので、中央館まで行くことはあまりない、という声が多いです。市民の声を聞いて、税金の無駄遣いをやめ、「最小の経費で、最大の効果」を考えることが市長の役割ではないでしょうか。

f:id:misayoinagaki:20170710083156j:plain

 

 

 

4月~5月ラピオと図書館問題の動き

6月議会、文教建設委員会&分科会、補正予算の予算決算委員会で質問し、追及していきます。是非、傍聴に来て下さい。mた、小牧山アピタ前での宣伝もします。聞いて下さいね。

 

f:id:misayoinagaki:20170611103727j:plain

f:id:misayoinagaki:20170611103852j:plain

3月議会報告

 

2月27日(月)から3月23日(木)にて、新年度予算の審議を含めた、3月議会が終了しました。

私は、下記の一般質問2項目を議会質問しました。

 

f:id:misayoinagaki:20170326105028j:plain

質問項目2が添付不能になりました。原因がわかりませんが、本日は、1項目のみ掲載しました。

図書館など、営利を目的としない業務が、指定管理制度で、民間委託されているのですが、本来は公共の社会資本として、運営されるべきかと思います。図書館については、設置場所と予算の問題、ラピオの経営問題が結び付いています。今後も、注視していきます。

 

 

「新春のつどい(民報こまき 市委員会)」住民要求への市の回答

1月28日(土)小松寺会館で初めて、「新春のつどい(稲垣みさよを囲む会)民報こまき 市委員会」を開催しました。お忙しい中、多くの皆さんに参加頂き、楽しい会となりましした。来年以降も定例会として、開催できるよう、願っています。

そこでは、大正琴演奏、歌、皆さんで合唱、体操などの楽しいプログラムとなり、ました。また、市政報告や国政問題、市民からの質問・要求などもお話があり、その場でお答えできる内容と、市の担当課で確認する内容もありました。市担当課かた確認が取れましたので、併せて、ご連絡します。また、質問者に順次、直接お話をさせて頂いているところです。(民報 こまき 市委員会)

f:id:misayoinagaki:20170212104956j:plain

f:id:misayoinagaki:20170212111543j:plain

f:id:misayoinagaki:20170212105139j:plain

f:id:misayoinagaki:20170212141038j:plain

 

 

 

f:id:misayoinagaki:20170212110859j:plain

f:id:misayoinagaki:20170212111016j:plain

f:id:misayoinagaki:20170212111217j:plain

 

ベアテ・シロタ・ゴードンが残してくれた憲法24条「男女平等」

2017年1月4日(水)NHK Eテレ ハートネットTVシリーズ「暮らしと憲法」第1回「女性」を見ました。

f:id:misayoinagaki:20170112092912j:plain

今年は戦後、日本国憲法施行から70年が経ちます。

冒頭の街角インタビューでは、今も、「就活で男性の方が早く決まっていく。」「結婚でやめていく女性に、男女平等とは問題が違うのではないか。」「妊娠で仕事を辞めざるを得なかった。」など、今も男女平等の社会とは言えない状況が有りました。

私の姉に聞いても、「独身の時の仕事は、お茶くみだとか、仕事と言いにくい環境だった。」

最近のTVドラマ「逃げるは恥だが、役に立つ」でも大学や大学院を出ても、非正規の仕事しかなく、自分の意見を言うと「小賢しい」と言われ、退職につながる、といったセリフもありました。

まだまだ男女平等とは程遠い。OECDで105位だったかな?といった日本の女性の地位の低さを示しています。

憲法24条には「①婚姻は、両性の合意にのみ基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

②・・・法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」

この条文はベアテ・シロタ・ゴードンが書いた文章で、ベアテは日本女性が人間の権利を持っていないことを、5歳頃から10年間日本に滞在したときに、目で見た。日本の女性の日常生活を悲しみ、どうしても女性を救いたくて涙を持って日本政府に訴え、その多くは惜しくも削除されたが、この24条だけは残された。

この男女平等の言葉は、実は今もアメリカの憲法にも書かれていない、画期的な憲法上の権利です。

削除された言葉は、「職業選択の平等、賃金の平等」などですが、これは今も実現されていないことが多い。女性の賃金は男性の70%です。

ベアテ・シロタ・ゴードンは小牧市に来られ、講演されましたので、お聞きになられた方も多いと思います。また、ベアテさんのビデオは、ラピオ5階まなび創造館でレンタルできます。私もレンタルして、視聴しましたが、大変感動しました。

安倍首相が言う、「今の憲法は、GHQに押しつけられたものだ。」というのは大きな間違いです。江戸時代・明治時代から、庶民の中から、民主的な憲法草案が書かれてきたことが、土台になっていることは否めないという戦後新憲法への評価は数多くあります。また、ベアテさんのような気持ちで日本女性のために、幸せな人生を過ごせるように奮闘された方もいらっしゃいました。

番組の最後に、ベアテさんは「女性が今から男女平等のために毎日毎日闘わなければなりません。それをストップすることはできません。いつでも、そのことをしなければなりません。」「日本の女性の声を聞いて下さい。」の言葉を私は励ましの言葉として、胸に刻みたいと思います。

日本の民法には、今も、戦前の明治民法の家制度、男性優位の制度がそのまま残っている24条が有る。番組では「DV夫からのがれたが、離婚を認めてもらえず、暴力を恐れて、他の男性との間に生まれた子どもの出生届を提出出来ず、子どもは社会サービスを一切受けられず、学校にも行けず、医者にもかかれなかった。33歳になって、ようやく両親の離婚が成立し、住民票ができた。」という実話が紹介されていて胸がふさがりました。

民報774条「・・・夫は、子どもが嫡出(正式な婚姻関係の上に生まれた子供)であることを否認できる。」と、夫は否認できるが、妻は否認できない。この女性への不平等は条文により、上記のような不幸な人生を歩んだ女性がいたわけで、他にも多数あるだろう。という内容でした。

日本の女性は不平等な民法に向かって、闘っていかないといけないのですね。

日々何気なく繰り広げられる「セクハラ・モラルハラスメントモラハラ)・パワハラ」に女性に生まれた、私は心を痛めつけられます。

これは日本中の女性に共通していると思います。

女性が、手をつなぎ、女性の権利を1つずつ獲得していけるよう、諦めず、話し合い、考え、行動していきましょう。

 

祝成人!社会に貢献する大人になろう!

f:id:misayoinagaki:20170112093905j:plain

成人の日を迎えられた皆さん!おめでとうございます。また、家族の皆さんの幸せそうな笑顔を見て、ここまで育てられた長い年月とご苦労に感謝!

小牧市は昨日、成人式を開催し、私も来賓として出席させて頂きました。当日は雨模様で、晴れ着や正装も雨にぬれそうで、心配になりました。

成人式の前に、ブルーインパルス展示飛行反対の署名活動や「祝成人!若い人たちへのパンフレット配布」も行い、受け取って読んで下さる若い人たちもいて、うれしく思いました。これからの希望の持てる社会を作るためには、若い人たちが、諦めず、生きやすい社会・幸せな社会を作るために、政治に関心を持ち、皆と考え、話し合い、手をつなぎ、声を上げ、行動をしていくことが大切だと思います。

私は、人の生きがいや仕事のし甲斐というのは、人の役に立ち、人が幸せになっていく笑顔を見られることにつながっていると思います。

そこで、中日新聞1月1日「新春対談 分断社会を超えてー国際ジャーナリスト 堤美香『(沈むゆく大国アメリカ」「政府はもう嘘をつけない」著書は多いです。・・・小牧市図書館にあります。彼女の本はすべて読みましたが、内容には共感でき、わかりやすい文章です。購入して再読した本ばかりです。』と、慶応大学教授 井手英作『経済時代の終焉、18歳からの格差論』など読みましたが、経済時代の終焉は、とても興味深い内容でした。』・・・プライムニュース(右寄りかな?でもこの放送回は良かったです。)で、「水野さんと井手さんの話は、私のブログでも書きましたが、共感できて、惹きつけられました。

この堤さんと井手さんの2人の考えは、現代の世界・アメリカ・日本などの未来を考える上で、キーになると思います。もちろん、日本共産党志位和夫氏の第27回大会決議は総まとめとして素晴らしい内容です。

2人の考えに戻ります。井手さんは「税は社会にお金をためるようなもの。人間いつ死ぬか分からないから、貯蓄は過剰になる。特に今のような不安な状況ではお金を貯めこもうとして、消費は委縮します。逆に「病気になっても失業しても子どもは学校にける、年をとっても安心だ」となれば、お金を消費に回すから景気も良くなる。そうなれば、「成長」を追い求める必要もなくなります。大事なのは未来の不安をなくすこと。税を払って生きていける状況を作りましょう、と。「全ての人が受益者になる。」この井手氏の考えは、私も以前から持っていました。それで、デンマークに視察旅行に出かけ、税の再分配制度が上手に機能し、国民の幸福度が世界一位である状況を講義と現場視察で確認してきました。本だけではなく、生活・文化・歴史・エネルギー政策・教育・福祉・税制度など日本が学ぶべき多くの事柄を一部ではありましたが、実感できました。資本主義社会でありながら、政治は社会共産主義的組織と感じました。共生社会ですね。

マイケルムーア監督の「世界侵略のススメ」は面白く、勉強できる映画です。いま、ビデオになり、いつでも見られます。ヨーロッパの労働環境・教育環境など実際に見られて、お勧めです。もちろんヨーロッパには移民・難民問題・テロなど、抱える問題は多くあります。しかし、昨日のある番組で、フランス人ゲストが言っていたように、「パリの爆破事件だけが大きく取り上げられているが、イラク・シリア・マリへの英仏米の攻撃で多くの人々が亡くなってきたイスラム社会の悲惨さはどれだけ、世界に発信されているのだろうか?」というメッセージには共感をしました。

文書が長くなったので、堤さんのコメントは又の機会にします。ご愛読ありがとうございました。

「TVドラマ 逃げるは恥だが、役に立つ」って中身が深い!

このドラマ、11回目の最終回は終わりましたが、中身は

1、主婦業は労働です。年間約305?万円の対価が支払われるべきで、結婚=愛情の搾取であってはいけない。

2、夫婦は上下関係ではなく、「共同経営責任者」として、平等な話し合いによって、工夫していくことが必要だ。

3、長時間労働はやめ、夫婦の自由な生活時間を作るべきだ。

4、海外で低賃金により安い商品作ることは、国内の仕事を減らすことになる。

など、色々な問題をコミカルに、また、ダンスと「星野 源の音楽」(私は、男性が力で社会や人生を作っていくことにサヨナラを告げた詩だと思いますが。)でさらに魅力をプラスした、素晴らしいドラマだったと思います。全国ですごい反響が有ったので、私と同じ思いを持たれて方もいらっしゃるかと思います。

難しい歴史学女性学・経済学を乗り越え、楽しく、わかりやすくコミカルに仕上げたからこそ、日本中の人々にメッセージが届いたのかな、と思いました。