読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲垣みさよのブログ

稲垣みさよの日々の活動報告です

小牧市立第一幼稚園説明館参加、味岡保育園見学

11月9日(水)午前9時15分から

小牧市立第一幼稚園第5回認定子こども園移行への説明会を傍聴しました。保護者の参加は毎回30人から50人ほどです。市役所からの説明は担当部署の部長・次長を始め5名程です。前回説明会での保護者からの質問に答えた資料を配布しています。毎回保護者からは多くの質問と要望や意見が出されます。市の担当者は保護者からの声を反映して、改善案を提出してきました。しかし、図面変更や建設・修繕費用、来年度以降の募集園児数なども考慮して、再度認定こども園への移行計画を練り直し、来年度5月以降説明会を実施する予定となりそうです。

保護者の声が第一幼稚園の保育内容継承ということで、市の担当者に届いた中間内容だったかな、と思われます。

新制度の保育料に関して、わからないことは市役所に問い合わせをして下さい。個別に違う料金体系になるので、個別に聞いて頂ければ、正しくお答えできます、という説明もありました。

 

f:id:misayoinagaki:20161110104701j:plain

午後3時30分より

民間運営の味岡保育園視察

園長先生より、0歳児~5歳児までの教室やリズムルーム、プールなどを案内して頂きました。広い教室、元気な園児たちの声、明るい保護者他の笑顔。保育士も1教室4名から5名と基準以上の人員配置でした。園庭も広く、新しい園舎で良い環境かなと思われました。来年度園児応募が今、90名前後。0歳から2歳の応募が多く、半分程度しか、受け入れキャパがない、と聞きました。他の園にも問合せをされると思いますが、待機児童が出る可能性もあります。味岡には少人数保育もありますが、園庭がなかったり、部屋が狭かったり、保育環境に差異が出てくるのではないでしょうか。,

正規の保育士もいますが、非正規の保育士も多くいます。非正規の人件費は市の非正規と同等の金額ではないか、という話でした。子どもの命を預かる保育士を全員正規にするか、非正規の生活を保障できる賃金の確保をして欲しいと思います。

f:id:misayoinagaki:20161110104952j:plain